HOME > Q&A

スクリーンショット(2015-02-07 18.46.40).png

 ご相談・お問い合わせDoticon_blk_Mail.pngsmile@mori-archi.comDoticon_blk_Cell.png080-5379-5586

Q:相談したいのですがどうすればいいでしょうか?

 先ずはメールまたは電話でご連絡ください。簡単な内容をお聞きした上で後日事務所にて直接お話をお聞きします。(遠隔地の場合はお伺いさせていただく場合もあります)初回の相談については費用は発生いたしません。お気軽にご相談下さい

Q:初回の相談にあたって準備しておくものはありますか?

 土地や建物の資料等できるだけ用意していただくと話がスムーズかと思います。実現したい想いをできるだけ沢山お聞かせ下さい

Q:仕事の流れを教えて下さい

 具体的な提案を御覧になりたい場合はご要望やイメージ、予算等をお聞きした上で最初のプレゼンをおこないます。(お時間を1ヶ月程度頂きます。提案内容についてはこちらを御覧下さい。)この際プレゼン費用として5万円(住宅の場合)申し受けます。この後正式な設計監理契約に至った場合はこの5万円は設計料に充当させていただきます。

Q:要望が沢山あるのですが。。

 できるだけ沢山のご要望をあげてもらって方が良いです。打ち合わせを重ねる毎に『これだけは絶対に実現したい!』というように理想の形が少しずつ見えてきます。それらをできるだけ伸ばしてあげるのが家づくりのコツだと思います。我慢できるところと実現したいところをゆっくりと時間をかけて整理し、納得いくまで検討を重ねることが家を建てる前に必要なことです。当事務所では模型やスケッチを提示しながら納得いくまで検討をしていきます。

Q:土地探しの相談も可能ですか?

 もちろんです。土地探しからの場合も積極的に相談させていただいております。気になる土地がある場合は資料等お送り下さい。現地確認と法的規制をお調べした上でアドバイスいたします。

Q:設計料はどのくらいかかるのですか?

 工事金額に対する料率を設定しています。詳しくはリンク先を御覧下さい。

Q:他のメーカー、ビルダーさんに提案を依頼している場合も大丈夫でしょうか?

 大丈夫です。実際に「他社の提案があまり。。」というケースも多いです。当事務所の案と比較した上で依頼先を決定していただいても構いません。お気軽にご相談下さい。

Q:遠方でも依頼できますか?

 基本的にはお施主さんや工務店さんとより良い関係を継続するためにはできるだけ近い方が良いと考えています。今までの経験から事務所から建設予定地まで車で3時間程度が責任を持って監理が出来るエリアの目安と考えています。最初の打ち合わせの際にご相談させてください。

Q:建築費の目安はありますか?

 住まいとしての快適性、居住性、耐震性には一切妥協したくありません。目安としては木造住宅(新築)で坪70万〜程度とお考え下さい。ただし坪単価というのはあくまでも今までの経験値(結果)からの目安ですので正直あまりあてになりません。資金内に納める事を大前提に柔軟に計画を進めて行きます。

Q:好きな建築はなんですか?

 長崎市内にある如己堂(にょこどう)という建物がいちばん好きです。

Q:施工業者の相見積りは可能でしょうか?

 可能です。しかしながら、最もお薦めしたい方法は信頼できる工務店さんを1社選び、工事を依頼する事を前提に一緒に計画を進めて行く方法です。家づくりに関わる3者がコミュニケーションを深めながら、皆が納得できる適正なコストで工事に関わる全ての人が幸せになれる様なすまいづくりができればと思っています。

Q:設計をする際に気をつけている事はなんですか?

 少し語弊があるかもしれませんが建築家の「作品」にならないように心がけています。暮らし易さや住環境を犠牲にした建物はつくりたくありません。住まい手の個性を尊重した誇りの持てるすまいづくりを目指しています。個人的には内外の空間が緩やかに連続した様な豊かな空間が好きです。また家具や小物等が置かれる事でますます魅力が増すような包容力のある空間を提案したいと思っています。

Q:極小住宅や変形敷地等もお願いできますか?

 もちろんです。コストや難条件を逆手に取った計画は大好きです。詳しくはリンク先を御覧下さい。

    

Q:実際に建てた住宅を見ることはできますか?

 新築が完成する際にはオープンハウスをおこなわせていただくことはあります。ただし既に完成した住宅の場合は内部までの拝見は基本的にはやっておりません。大手メーカーさん等はよく見学会をやっているようですが。。。掃除や準備など、少なからず施主に負担をかける事になると思いますので。。。

ただし、事務所を兼ねた私の家であれば見学可能です。リフォーム案件ですが新築と同様の想いを込めています。お気軽に遊びにきて下さい。

Q:予算を抑えるためにDIY等を積極的にやりたいのですが。。。

 非常に良いお考えだと思います。実際に作業をする事でこれから先のメンテナンス方法も良く理解できます。何よりも自分たちが施工する事で愛着もわきますし、大工さんや職人さん達の苦労もよく理解できますので是非ともやっていただきたいと思います。ただし、思っている以上に大変だと思いますのでそれなりの覚悟が必要です。

Q:家相や風水は検討していただけますか?

 一般的な鬼門、裏鬼門への配慮程度なら問題ありません。ただしそれ以上の内容になると対応が難しくなる場合があります。家相を重視した結果、動線も悪くとても住みにくい家になることもあるからです。家相も重要かもしれませんが、それよりも実際の周辺環境を読み解き、クライアントの価値観を活かした家づくりをしたいです。家の間取りと方位だけ見て吉凶が判断できるなら設計士は必要ありません。私は設計のプロですが「住む」ということに関しては皆さん自身がプロなのです。ご自身の経験や価値観をカタチにしていく作業のお手伝いをしたいです。

Q:外構(お庭)のデザインもやってもらえますか?

 もちろんです。どの案件も豊かな外部空間と内部の繋がりをデザインする事にかなりの時間を費やしております。

Q:最初のプレゼンは一回限りなのでしょうか?

 私の提案力や進め方、お互いの相性を確かめるためにこの機会を設けています。その後数回の打ち合せを重ねた後に正式な契約に進むかを判断していただきたいと思います。契約後もお互い納得いくまで検討を積み重ねて行きます。様々な可能性を比較検討した結果、最初の案に近いものに戻る事もありますが、それはそれで全く問題ありません。
 一生に一度の事ですのでじっくりと一緒に悩みながら進めていきたいです。設計をお任せするのではなく、積極的に設計に参加して頂ける(したい)人と一緒に家づくりをしたいです。

Q:セカンド・オピニオンのみのサービスはしていただけますか?

 ハウスメーカーやビルダーさんのプランに不満な方や疑問をもたれる方からの問い合わせがここ最近多くなって来た気がします。当事務所では基本的にはセカンド・オピニオンサービスはおこないません。メーカーさんやビルダーさんには独自の作り方、仕様があります。その限られた条件の中でやるしかないと基本的には思います。実際は間取りの相談程度なら可能でしょうが、提案が根本から覆ってしまう可能性も考えられます。もちろん当事務所の案を見て比較してみたいというスタンスであれば相談は可能です。すまいづくりは一生に一度のことです。納得するまで検討して下さい。

*『本当に満足する家は3回建てないとできない』なんて言ってる人は10回やっても満足できないと思います。建てる前に充分検討した上で工事進むことが必要不可欠です。また工事中の前向きな変更にも積極的に対応していきます。

Q:得意な構造はなんですか?

 全ての構造種別に一長一短あります。その提案にもっとも良い構造方法をとるように心がけています。ただし住宅に限って言うならば木造が一番実績が多いです。素材感や表情、柔軟性はもちろん、将来の増改築もしやすく、現場での変更も比較的容易です。現場での大工さんの意見、施主のアイディア等を柔軟に取り入れながら現場を進めていけるので皆で作り上げて行く感が私自身とても好きです。