ヤマトハウス(雀荘リノベ)

元々雀荘だった鉄骨3階建て2階のフロアを丸ごと住宅にリノベした案件です。既存の奥行を最大限活かし、長さ7mの造作カウンターキッチンから半屋外のような雰囲気の土間リビング、畳の小上がりへと緩やかに連続するプランとしています。土間リビングは両隣にビルが建つ立地条件の中で貴重な光を取り込む場所であり、クライアントが好きな観葉植物を育てる場でもあります。一般的にRCや鉄骨造の建物は木造と比べて柱が少ないのでリフォームの際も間取りの自由度は高いです。かといって大きなワンルームにだけにしてしまうと、ただ広くて使いにくいだけの建物になってしまいます。ここでは床の高さを微妙に変えるなどして空間にメリハリをつけていろんな場を作っています。


設計と工事の過程はこちら