みやき町の家(リフォーム)

実家の隣に建つ祖父の住んでいた家の改修です。家は劣化が進み、決して良い状態とは言えないものでしたが、切妻屋根の連続するたたずまい、船底天井の和室、趣のある建具など新築にはないあたたかさ/豊かさ/魅力がありました。時間の経過の痕跡を大切に残しながら、新しい素材を慎重に重ねていきました。新旧の素材が混在することでリフォームでしか実現出来ない魅力的な空間になったと思います。