HOME > 契約の前に


 ご相談・お問い合わせsmile@mori-archi.com 080-5379-5586

正式な契約の前に


 当事務所では原則として設計契約の前に一度提案をみていただくようにしています。対話を通じてお互いの理解をより深める事ができますし、お客様にとっては当事務所とこれから付き合っていけるかをしっかりと考えていただく時間となります。お互いの相性、提案内容、今後の進め方、設計料など全てに納得していただいた場合は正式な設計契約を結ばせていただきます。

*なお初回プレゼンテーション費用として10万円(新築住宅の場合)を頂いております。正式な設計契約に進んだ場合は設計料に充当させていただきます。

01.ヒアリング

 先ずは思いつくままに色んな想いを話していただければと思います。自然な話の流れの中で様々なご要望や理想のを共有できればと思います。*なお土地や建物の資料等があればお持ち下さい。


 当事務所のモットーは「施主の個性やライフスタイルを尊重した豊かなすまい」です。家づくりに対する意見だけでなく趣味嗜好なども含めたできるだけ沢山のお話をお聞かせ下さい。



02.敷地調査

 先ずは現地を確認します。周りの建物や日当り、風の流れや高低差、敷地から見える景色等を把握することからはじめます。同時に役所に行って法的な諸条件を確認します。



*敷地測量図がない場合で、境界線や高低差が複雑な場合は測量を専門会社にお願いしなければならない場合もあります。



03.案の検討

 施主の要望を基に、予算や法的規制を睨みながら案を作成します。とにかく色んな可能性を検討してきますのである程度の時間(通常3週間〜1ヶ月)が必要です。必要に応じて再度ヒアリングをさせていただく場合もございます。

04.1stプレゼン

 図面(平面、断面、パース、法的諸元資料)と模型を用いたプレゼンをおこないます。


 最初の提案はあくまでも「たたき台」です。このたたき台を基に様々な意見を交換することでお互いの理解を深めていくことができます。施主の個性が反映されてこそより良いすまいになると信じています。


 案の修正を含めた打合せを数回重ねた後に今後も一緒にお付き合いをしても良いと思われた場合は正式な設計契約に進みます。


模型、図面パース等を用いてわかりやすく説明します

プレゼンテーション例

1stプレゼンで提示した模型やパースの一部をご紹介します。案に応じて最もわかり易い方法で説明いたします。