下関の住宅

築45年の木造住宅の全面改修です。欄間や縁側、床の間など昭和の香りを感じる既存の遺産をリメイクしながら豊かな住まいを目指しています。お庭には活動の拠点として2帖ほどの部屋を持つハナレを増築し、この庭を囲むように縁側やダイニング、畳の図書コーナーなどを連続させて配しています。昭和の香りが残る空間にステンレスやスチール、真鍮などの金属、モダンな照明や椅子を差し込む事で異国感溢れる不思議な魅力に満ちた住まいになったと思います。

設計と工事の過程はこちら