諫早の家

新興住宅地の角地に建つ平屋の住まいです。プライバシーを考慮し、中庭からの採光、通風を確保しながら周囲に対して適度に開口部を設けています。中庭を中心とした回遊式のプランとしているので各部屋から異なった表情の中庭の景色を楽しむことができます。外周部に配した豊かな植栽は外周部からの視線を緩やかに遮りながら、街並みの景色に彩りを添えることでしょう。

撮影:FUZINARI MIYAZAKI