東洋漁業船員寮

長崎県平戸市の生月島を母港とする東洋漁業株式会社の若い船員達のための独身寮です。敷地は住宅地の中にあるため周辺環境を考慮してボリュームを抑えた平屋とし、敷地全体に渡って積極的な植栽を行うことで街並みに対してささやかな公共性を持たせています。
 個室はもちろん、皆が集える共用部を特に重視しています。ダイニングや屋外のテラスとつながる土間リビングは会社の研修や勉強会、懇親会などでの利用も想定しています。一般の施設にありがちな個室を詰め込んだ「寝るためだけのハコ」ではない「ちょうど良く・心地良く・誇りの持てる」みんなの家なのです。



設計から工事の過程はこちら