光庭の家

 僕の生まれ故郷である大村市にある完全独立型の2世帯住宅です。親子と言えども生活リズムの異なる家族が同じ屋根の下で生活するのは簡単ではありません。2世帯ならではの安心感や助け合いといったメリットを活かすのはもちろん、世帯間の適切な距離感をいかに作り上げるかが最大の課題でした。ここでは各世帯間の間に「光庭」を設けています。お互いの距離感を調整し、室内に柔らかな光と風をもたらす大切な場所となっています。