福津の家

  小高い丘の上に建つご夫婦+お子様2人のすまいです。敷地は前面道路から3m程下がっているため、メインアプローチは道路レベルの2階からとなります。そのため2階を眺望を活かした開放的なLDKとし、1階に寝室やライブラリーをまとめています。階段を中心に回遊性を持たせたコンパクトなボリュームの中に沢山の豊かな場ができるように配慮しています。骨董屋さんから手に入れた年代物の建具やモルタル塗りのオリジナルキッチン、ゆらめくような古いタイルやアイアンの金物等の主張する素材を全て包み込むようなおおらかなすまいとなりました。


工事過程はこちらにUPしています。